Power to the society

地域の自律的な活動を支えるエネルギー。

地域で使われている電気料金は、その地域で生み出されるお金の約5%〜10%※1にのぼり、すべてが地域外へと流出しています。地域が自律して活動するためには、地域のお金を地域の中で循環させる必要があります。そこで、わたしたちは、新しい仕組みをつくりました。電気の契約を切り替えるだけで、手軽に、継続的に、経済的に、地域のために活動している人たちやコミュニティに“エネルギー”を届けることができます。CO2フリー※2で環境にやさしく、供給も安定していて、いままでよりも安い電力プラン『ソーシャルエナジー』はじまります。

  • ※環境省「地域経済環境分析データベース2013年(2018年改定)版」より
  • ※2 CO2フリーではないプランも選択可能です

プロジェクト

宮城県・石巻で水産業の課題解決を目指すFISHERMAN JAPANが立ち上げた、
「フィッシャーマン電力」から、SOCIAL ENERGYはスタートします。

お知らせ

SOCIAL ENERGYの特徴

POINT1

地域の活性化につながる

SOCIAL ENERGYは日本の地域が自律して生き生きと活動していけるように、電気事業の収益の一部を地域のために活動をしているプレイヤーやコミュニティーに還元していきます。自分の地域や自分の応援したい地域のプロジェクトに対して電気を切り替えることで、その地域にエネルギーをもたらしていくことを目指していきます。

POINT2

CO2フリーで地球にやさしい

SOCIAL ENERGYは持続的な地域社会を実現するために、環境にも配慮し、CO2で地球にやさしいプランを提供しております。一般的な4人家族の家庭から排出されるCO2は1年間に1.8トンにおよびます。1.8トンのCO2を吸収するには、50年生の杉の木が128本必要になる計算となり、持続的な地域社会を実現するためには1人1人の環境への配慮が重要と考えております。

詳しく見る
POINT3

電気代も安くて手続き簡単

SOCIAL ENERGYは地域の電力会社の通常プランよりも電気料金も安価でお財布にやさしいプランです。初期費用などのご負担もなく、解約手数料も無料のため、安心してご加入いただけます。手続きも5分で完了、現在ご契約の電力会社への解約手続き等もSOCIAL ENERGYにて対応いたします。

詳しく見る