haccoba電力

地域社会と地球環境を発酵させる haccoba電力

2021年2月から福島県南相馬市小高区で「haccoba -Craft Sake Brewery-」という酒蔵をはじめました。福島浜通りで酒蔵を営んでいるうちに、いつしかグローバルな気候変動の課題が「自分ごと」になり、それと同時に自立した地域文化をつくりたいと思うようになりました。 1000年後もこの地で美味しいお酒を飲み交わしている未来をつくるために、地域社会と地球環境を “発酵” させて持続可能なものにしていきます。

haccoba電力の特徴

一般社団法人haccobaとは

一般社団法人haccobaとは まるで美味しいお酒を醸してくれる微生物たちのように、地域社会と地球環境を持続可能に “発酵” させるプロジェクトを展開していきます。 自立的な地域文化をつくるためにできること、自然とともに生き続けるためにできることを思考し、福島浜通りから発信します。

メインの活動エリア

運営団体である haccoba の所在地は福島県南相馬市ですが、グローバルで発酵文化の魅力と、社会への問いの発信をしていきます。

収益の活用方法

地域を醸す

haccoba -Craft Sake Brewery- のお酒を軸に、食や音楽、アートを楽しむ場をつくり、地域の方々と文化を紡いでいく。

地球を醸す

グローバルな気候変動・エネルギーの課題を「自分ごと」にしていくプロジェクトを企画実行し、福島浜通りから社会へ問いを投げかけていく。

こんな方々に加入してほしい

  • 福島県を愛している方
  • 日本酒や発酵文化を愛している方
  • 気候変動の課題に対してアクションを起こしたい方

運営団体

法人名 一般社団法人haccoba
代表者 佐藤 太亮
住所 福島県南相馬市小高区田町2-50-6
連絡先 support@haccoba.com
URL https://haccoba.com 
事業内容 自立的な地域文化づくり、気候変動を「自分ごと」にするプロジェクトづくり

haccoba電力とは

POINT1

地域の活性化につながる

SOCIAL ENERGYは日本の地域が自律して生き生きと活動していけるように、電気事業の収益の一部を地域のために活動をしているプレイヤーやコミュニティーに還元していきます。自分の地域や自分の応援したい地域のプロジェクトに対して電気を切り替えることで、その地域にエネルギーをもたらしていくことを目指していきます。

POINT2

CO2フリーで地球にやさしい

SOCIAL ENERGYは持続的な地域社会を実現するために、環境にも配慮し、CO2フリーで地球にやさしいプランを提供しております。一般的な4人家族の家庭から排出されるCO2は1年間に1.8トンにおよびます。1.8トンのCO2を吸収するには、50年生の杉の木が128本必要になる計算となり、持続的な地域社会を実現するためには1人1人の環境への配慮が重要と考えております。

詳しく見る
POINT3

電気代も安くて手続き簡単

SOCIAL ENERGYは地域の電力会社の通常プランよりも電気料金も安価でお財布にやさしいプランです。初期費用などのご負担もなく、解約手数料も無料のため、安心してご加入いただけます。手続きも5分で完了、現在ご契約の電力会社への解約手続き等もSOCIAL ENERGYにて対応いたします。

詳しく見る

電源供給対応エリア

日本全国(沖縄・離島を除く)

お申し込み

SOCIAL ENERGYは、小売電気事業者である株式会社イーネットワークシステムズ(A0067)が供給いたします。

申込から供給までの流れ

1. お申込み

低圧(一般家庭・商店等)のお客様は、約款、重要事項説明等を確認の上、「お申し込み」ボタンより入力をお願いいたします(お申し込みに当たっては、現在ご契約されている電力会社の契約情報が必要となりますので、お手元にご用意ください)。

高圧のお客様は、個別にお見積りをいたしますので、haccoba電力へお問い合わせをお願いいたします。

2. メール受信

お申込み受付後、供給開始日決定後にメールでご連絡させていただきます。メールが来ない等がございましたら、お手数ですが、お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします。

3. 供給開始

切替のお客様の場合

お申し込みから2週間~1ヵ月半が経過した最初の検針日から、haccoba電力による電気の供給がスタートいたします。

お引越し先でご利用いただくお客様の場合

ご利用開始希望日の1週間程度前までにお申込をいただければ、ご利用開始希望日よりhaccoba電力による電気の供給がスタートいたします。